新しくなったConoHaでGitLabを建てる

以前までのConoHaはWordPressのテンプレートイメージがあり、VPSを作成する際にそれを選択することでWordPressの面倒なインストール作業をスキップすることが出来ました
f:id:kkrnt:20150531221812p:plain

新しくなったConoHaではテンプレートイメージが増え、WordPressの他にもLAMPRailsRedmine、Jenkins、GitLabが選択出来るようになっています

arcktyでは今までもConoHaのVPS上にGitLabを構築し利用してきたのですが、今回はこのテンプレートイメージを利用して新しいConoHaにGitLabを建ててみようと思います


まずコントロールパネルからサーバーの追加を選択します
f:id:kkrnt:20150524231249p:plain

するとイメージからOS、アプリケーション、保存イメージのどれかを選択出来るので、アプリケーションを選択し、アプリケーションからGitLabを選択します
f:id:kkrnt:20150531222547p:plain

あとはテキトーに選択すれば完了です

サーバが利用可能になったらそのIPに接続するとGitLabのページが出てきます
f:id:kkrnt:20150531223510p:plain

初期設定なのでUsernameはrootでPasswordは5iveL!feです
それらでログインするとパスワードを設定しろと言われるので設定し、完了です
f:id:kkrnt:20150531223532p:plain

これでGitLabを利用出来るようになりました

めっちゃ簡単でビックリするのですが、この設定だと自分のドメインを設定出来ていないので設定します
f:id:kkrnt:20150531223643p:plain

設定方法は簡単で、ssh等でVPSに接続し、/etc/gitlab/gitlab.rbの3行目が

external_url 'http://localhost'

になっているのでこのURL部分を自分のドメインに書き換えます

書き換えられたら

gitlab-ctl reconfigure

で設定を反映させれば完了です


こんな感じで簡単にGitLabを利用することが出来て素晴らしいなーと思います



そういえば前回書いたメールサーバの件、1週間ほど利用してみた感想ですが、送受信は全く問題なく、とても快適に利用させて頂いています

共用型なので、使い方次第ではOffice365やGoogle Apps for Workを利用するよりも遥かに安価で利用出来るので、今後も利用させて頂こうと思います

それはそうとConoHaさん、変なアドレス取ってスミマセン…