読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

post-TomoriNao

これは友利奈緒 Advent Calendar 2016 24日目の記事です. 前回はK_atcさんの例の友利奈緒風ウィッグの髪型のセット方法のメモでした.


Charlotteの放送開始から1年半近く経とうとしています. 友利奈緒は2015年7月に始まったCharlotteに登場し, 人々に多くの感動や興奮, 尊さを届けてくれました. あれから1年半ほど経ちますが, 人々の「友利奈緒」がはっきりと変化していることに気付いているでしょうか. 友利奈緒を語るには大きく3つの期間に分ける必要があり, それぞれで「友利奈緒」という言葉が, 刻々と変化している様を見ることが出来ます. 来年も「友利奈緒 Advent Calendar」を書くことが出来るように, 来年の友利奈緒に思いを馳せつつ, これまでの「友利奈緒」を振り返ってみようと思います.



アニメ放送期

今思い出してみると, Charlotte放送前は「友利奈緒」が話題になったことは殆どないように思います. 少なくとも僕の周囲では「あー、Keyが新しいアニメやるのか」とか「野球やるのかな?」くらいで, 観る気持ちはありつつも特に積極的に情報を集めていた人は少数だったのではないでしょうか? 僕がはじめてCharlotteについてtweetしたのは2015年7月6日で, この日のtweetには友利奈緒は登場しません.


むしろ「歩未の話し方が何とも言えない」とか「下セカのほうが面白い」みたいな感想だったようで, 友利奈緒どころかCharlotteにあまり関心がなかったようです.

「友利奈緒」について意識し始めたのは4話辺りからで, 野球の話ですね. Keyらしく野球の件があって笑った記憶がありますが, その際の友利奈緒のセリフなどがとても印象的で, それ以来「友利奈緒」をはっきりと意識してCharlotteを観るようになりました.

それ以来ひたすら友利奈緒が可愛い・尊いという気持ちで観ていました. 友利奈緒を語る上で重要なワードとして「尊い」があります.

友利奈緒に対して「尊い」という表現を使い始めたのが誰なのかはっきり分かっていませんが, 恐らくみっきーさん辺りでしょうか?

友利奈緒好きが集まって夜な夜なCharlotteを観たりしました.

すると何故かこのようなtweetをするようになり…

その頃, 東京アニメセンターCharlotteの原画展が行われていました.

原画展で星ノ海学園の制服が展示されており, それを観たオタクたちが「友利奈緒になるか」と言い出したんですが, ACOSが制服を発売することに…

と, ここまでがアニメ放送期です. 何か具体的な動きがあったというよりも, 比較的ありふれた感じですね.


TomoriNao期

次にオタクたちは友利奈緒になりました. 何を思ったか, 友利奈緒になってしまいました.


恐らくこれが「友利奈緒」が世に広まった大きなきっかけで, 友利奈緒が各所で報道されました.


これ以降「友利奈緒」はそういう存在として認知されるようになりました.

post-TomoriNao

元来「友利奈緒」はCharlotteに登場するヒロインなだけでした. 時代の流れというのは恐ろしく, 次第に「友利奈緒」も風化していきます. あれほど友利奈緒を推していた人たちも, いまや「はいふり」とか様々な作品を推している状況です. それは仕方のないことで, CharlotteOVAは出ましたが, それ以降進展もなく, 作品としては終わってしまったようなものです. それよりも生きのいいコンテンツに夢中になるのは人間の性で, 自然な流れでしょう. しかしながら, そうした波に逆らいつつ, 今でも「友利奈緒」が存在していることは確かです.

そう, 次の友利奈緒の出現です. 友利奈緒の影響なのか, TomoriNaoの影響なのか, それ以外なのか, その辺りははっきりしませんが, 友利奈緒は次のステージに到達したのです.


来年も友利奈緒は存在するのか分かりませんが, 友利奈緒は時を経て新たな形に変化しつつあります. post-Tomorinaoが来年も続いていくのか, 新たな変化があるのか楽しみです.


これは24日目の記事なんですが, 25日が空白です… 誰が書くんでしょうか… きっと誰か書いてくれるでしょう… きっと…

それはそうと, 新年会やりましょう. 具体的には6日辺りに🍺